流川冬馬〜心霊ファイル3〜

BACK NEXT TOP


5. シルバー・チャーム


 自宅のガレージを閉めようとした時、待ちかねていたようにバイクがやって来て目の前で止まった。
 その人物がヘルメットを外し、誰だか判ると、冬馬は一応に安心した。
「何だよ一号、こんな時間に、」
そう言って、近づいて行こうとする冬馬を、助手席から回り込んで来た海羅が腕を取って引き止めた。
「知り合い?」
「大丈夫だよ」
スタスタと近寄って行くと、一号が背中のボディバッグの中から、淡いピンク色した薔薇の花束を取り出した。
「ど、どうしても昨日中に渡したかったのですが、とうとう深夜二時になってしまいまして・・・、ずっと待っていたんですけど・・・」
「え、ここで?ずっと待っていたの?」
「い、いえ、ここだと不振人物だと思われて通報されるといけないので、この辺りをぐるぐる回っていたんです」
背中に花束を背負った男が、こんな深夜にこの辺りを徘徊するだけでも十分怪しいではないか・・・、よく通報されなかったものだと感心すると同時に、可笑しくなって冬馬は苦笑した。
「で、たまたま途中で海羅さんの車を見付けまして・・・」
「何回目の巡回で?」
「じ、十回・・・」
「もっとだろう?」
「さ・・、三十回・・・くらいでしょうか」
さっきまで思いっきり睨んでいた海羅は、今や目を丸くして口に手を充て、笑いたいのを隠していた。
「受け取ってあげなよ海羅、」
「え・・・でも、誰よあなた」
いつもの、威勢のいい海羅に戻っていた。
「あ、も、申し遅れました。理工学部、三年の長谷川三郎です。海羅さんのファンなんです」
「じゃあ、昼間、車の中に赤い薔薇の花束を置いたのは、あなたじゃないの?」
「何それ?」
冬馬が目を細めて、不振そうに尋ねた。
「車の助手席に花束を置いてあったの、誰だか分らないし変なメッセージカードも添えてあって、気持ち悪いからマリコママに花はあげたけど・・・」
「あ、あの・・・それはですね、た・・・、多分・・・、大学近くに花屋さんがあるじゃないですか、そこの店員さんが配達してきたんですよ、あそこの店員さんは薄いピンクのタブリエを着けてますから・・・、車にはロックが掛かって無かったみたいで、ドアを開けて置いてましたよ」
「やけに詳しいな、」
「それは・・・、海羅さんが止める駐車場は、管弦サークルの部屋の真下ですから、今日だってたまたま下を見ていたら・・・」
と、喋り過ぎた事に気が付いて三郎は口籠もった。
「そこから、いつも覗いていたんだな」
「い、いえ・・・、覗くだなんて、・・・・昼間も言った通り変なメールなんて絶対に送りつけてなんかないですから、だって僕は純粋なファンなんです、」
真偽を問うように、海羅は冬馬を見た。
「今朝、海羅と別れた後、この人がね、海羅の後をつけて写真を撮ろうとしていたので、とっちめてやろうとしたんだ、てっきりメールの送り主だと思ってね、そしたら写真は見事に撮っていたけど、メールの送信記録は無かったんだ、メールの犯人は彼ではないと思うよ。多分、もうひとつの薔薇の送り主なんじゃないかな」
「写真って何よ」
「海羅の写真集めてるらしいよ」
三郎は、海羅に睨まれてオドオドしながら、花束を胸に掻き抱いた。
「す、すみません!」
一瞬、三郎を睨んだ海羅だったが、気を取り直したように、急に開き直ると笑って言った。
「ま、いいか、私だってこっそり冬馬の寝顔、携帯に撮ってあるもんね」
「あんたねぇ・・・」
冬馬の抗議を避けるように、三郎に近づいた海羅は、近所を三十周、いや本当は五十周くらいしているかもしれないせいで、少し弱っていた薔薇の花束を受け取った。
「薔薇の中ではピンクが一番好きよ、ありがとう」
海羅に微笑みかけられたファン一号は、感激のあまりあろう事か、いきなり一粒の涙を零した。
「な、なんだよ、何も泣かなくても・・・」
「い、いえ・・・感激しているのは本当ですけど、僕は親友が亡くなったばかりなのに、ひとりだけこんなに浮かれていいんだろうかと・・・、実は、ぐるぐるこの辺りを回る途中でも自問自答していた所なんです。でも、絶対海羅さんには花束を渡したくて・・・、赤い奴に先を越されちゃったのが悔しいんですけど・・・、手渡ししたかったんです、でも、講義があったもんですから・・・遅くなっちゃって・・」
「親友って、昨日図書館で刺されて亡くなった・・・」
「芝浩介は僕の唯一の親友でした。弦楽サークルでも一緒に演奏していたんです」
そう言って、三郎はぼろぼろ涙を零して泣き出した。
その、彼の遺体を発見したのが冬馬であるという、奇妙な展開に姉弟は顔を見合わせた。

 そして、良からぬ予感に惑うのだった。



「さっき言ってた、カードって?」
海羅の部屋にプレゼントを置くと、冬馬は尋ねた。
少し躊躇った後、海羅はバッグからカードを取り出すと、広げて見せた。
「どういう意味だろう・・・でも、どうしてもっと早く言わないんだ、」
「言おうとして、夕方部屋に行ったでしょ、でもあなたこれからデートだって言ったじゃない」
そうだった・・・。
悲壮感を漂わせてやって来た海羅を、門前払いしてしまった罪悪感が、少しばかり冬馬の頭を掠めた。
そして、カードを取ろうとした冬馬の手が、届かない位置まで海羅はカードを掲げた。
「触らない方がいいんじゃない?」
「貸してったら、」
真顔で言うので、海羅は渋々カードを渡す。 
 受け取って一分くらい時間が経っただろうか、ふと顔を上げた冬馬からはどんな思惑も見当たらなかった。
「自分で書いてないな、きっと店の女の子に頼んだんだよ、花屋さんの情景が見えただけだ」
ふたりは深くため息をついた。
それから部屋を出て行こうとして、立ち止まった冬馬は振り向いて言った。
「どうして車にロックを掛けないんだ?」
「忘れていたのよ、」
呆れた事に、気にも留めていない様子だ。
「ちっ、」
冬馬が小馬鹿にして頭を振りながら背後で閉めたドアに、何かがぶつかる音がしたが、素知らぬ振りをして自分の部屋に戻るのだった。



 翌朝、冬馬がダイニングに入って行くと、連が驚いた様な顔をして、トーストにたっっぷりケチャップをかけていた手を止めた。
何れにしろ、連はケチャップが大好きなようで、冬馬は眉間を顰めたが何も言わなかった。
昨夜、母親は帰って来なかったらしい。
母専用のアールデコの椅子の前には、朝食のセッティングがされていない。
そう言えば、昨夜ガレージを閉めた時に車が無かった。
「あれ、来てたの?全然知らなかった」
「ガキは早くから眠りの国だもんね」
二日酔いの欠片もない海羅は、すっかり身支度を調えてコーヒーにミルクを注いでいた。
「あんた酒臭くない?オヤジかよ、」
「失礼ね、昨夜はそんなに飲んで無いわよ」
海羅は、肘で連の頭を小突いた。
「痛っ、やる気かよ、」
丁度、TVのニュースでは大学の事件を取り扱っており、アナウンサーがまだ犯人は見つかっていないと告げていた。
 真剣にニュースを見ている冬馬の横で、姉弟の雲行きは段々怪しくなって行く。
 そして、いきなり海羅のフレンチトーストの上に、連はチューブの半分ほどのケチャップを絞りだした。
「うえっ、食べられないでしょうが、バカ、」
報復に、海羅が連のオムレツをコーヒーで浸した。
「クソ女!」
「クソチビ、」
取っ組み合いの喧嘩が始まりそうな所で、それを厨房から見ていた道子さんが止めに出て来たが、先に冬馬が怒った。
「うるさい!」
その一言で、食卓は急に静かになって、TVの声だけが鮮明に通りだした。
 道子さんは、クスリと笑って、再び厨房に戻って行った。
『あなたは、そのとき何処にいらっしゃったんですか?』
インタビュアーが、図書館の前で学生にマイクを向けていた。
何度も流れた映像だった。
『一階の、視聴覚室でDVDを見ていたので、不振人物は?と聞かれても、全く気がつきませんでした』
「これって、警部の配慮なんじゃないの?」
映像を見た海羅がそう言った。
「どう言う意味?」
「だって、第一発見者が今をときめくミステリー作家だとしたら、マスコミは挙ってあなたに取材を申し込む筈じゃない、」
「そうか・・・、”今をときめく”を、抜きにしてもね、感謝しなくちゃ」
「ま、その方が本の売り上げにはいいんでしょうけど」
「オレなら自分で、連絡するかもな、”インタビュー一本五十万でどうですか?”って」
「あんたとは違うの、ゲス野郎は黙ってなさい、」
海羅が殴る振りをしたので、連は頭の上に腕を翳して身構えた。




「聞いたことないかな?現場百回って言うの、」
内藤始は笑って言った。
 彼はまだ大学構内を捜査して回っていて、電話をするとカフェテリアで待ち合わす事になった。
図書館はまだ封鎖していて、黄色いテープが張られたままで、警官を配置させていた。
「何か解りました?」
「それがさぁ、さっぱりなんだよね、実際、余りにも手がかりが無いんで困ってるんだ」
渋い顔をして内藤はコーヒーを飲んだ。
「もしかして、マスコミには僕の名前伏せてくれてるんですか?」
「警部の意向でね、そうじゃないと君大変なことになるし、マスコミが彷徨き回ると我々だって捜査がしにくいからね」
「ありがとうございます、」
「ところで、今日はどうしたんだい?」
「実はですね、最近海羅がストーカーに付きまとわれているみたいなんです。昨日も車の中に花束とカードが置いてあったんですけど、ストーカーはこの近くの花屋に頼んで配達して貰ったらしいんですが、もしかして入り口の所でチェックしたとき、何か怪しいところとか無かったのか聞きたかったんですが、」
「ああ、それなら業者とかチェックしてあると思うんで、聞いてみるよ。で、その人物が誰だか調べて欲しいんだろ?」
「すみません、お忙しいところ!」
冬馬は平謝りした。
「ストーカーか、最近は達の悪い連中がいるからね、気をつけないといけないね。市民を守る義務があるって言う割には、矛盾しているかもしれないけれど、警察は何かあるまで動けないからね、承知したよ。君には世話になってるしね、それに何が手がかりになるか判らないし、でも警部には内緒だよ」
内藤はコーヒーを飲み干すと、早速、立ち上がり手を振ってその場を後にした。
 で、入れ替わり入って来たのが、面子を揃えたゴルフサークルの連中だった。
「なにお前、まだ取り調べ?」
カオルが、内藤を振り返りながら聞いた。
「違うよ、彼とは昔からの知り合いなんだ」
「捜査どうなってるって?」
真樹が冬馬の前に座りながら尋ねた。
「まだ判らないそうだよ」
「じゃ、まだ殺人犯は野放し状態なのか、怖いなぁ」
準が、みんなの飲み物が入ったプレートをテーブルに置いた。
「おまえって、ほんとうに殺人事件に関与するよな、また首突っ込むんじゃないだろうな」
カオルが溜息をつく。
「止めとくよ、いつも危険な目に合うからね」
「そうだよ、この前も事件は解決したけど、おまえも海羅も死にそうになったじゃないか、」
「ああ、教授の事件か・・・。幽霊騒ぎの・・・、君は幽霊が見えるんだって?」
興味あり気に準が聞いた。
「そうなんだよ、こいつ幽霊に取り憑かれて懇願されるんだって、”助けて・・・”って」
「カオルさん、」
冬馬が睨んだので、カオルは喋りすぎた事に気が付き口を閉じた。
「え、じゃぁ今回の犯人も分ってんじゃないのか?」
真樹が驚いたように尋ねた。
「幽霊が喋る分けじゃないから、判りませんよ。それにイメージが見えたとしても、亡くなった人が見た視点でしか見えないので、犯人が変装してると分らないし、僕の能力は微弱過ぎて、中途半端に関わると、いつも危険な目に合ってしまうんです。だから、関与しないことに決めたんです」
「なんだ、つまんないな。幽霊が教えてくれてスカッと事件解決、なんて言うとすげえ格好いいのにな」
そう言う真樹を尻目に、カオルは”言うのは簡単だけどな”、とでもいいた気な表情をして冬馬を見たが、当の本人は何も言わず淡々としていたので、少なからず同情をした。
「あ、そうだ。冬馬これ」
ポケットから無造作に真樹が取り出したのは、シルバーのペンダントだった。
 みんなが首に掛けているゴルフサークルのシンボルである、大学のイニシャルとクラブチャームが結構お洒落代物だ。
「そろそろお前をサークルの一員だと認めようと思ってね、練習しているところは殆ど見たことないけど、」
「僕の目に狂いは無いから、九月を楽しみにしていて下さいよ、それまでにこいつをビシバシ鍛えてやるから」
それを聞きながら、顰めた顔を背けようとする冬馬の頬を、両手で挟んだカオルは、真樹の方に向け直した。
 彼は冬馬を手放す気は毛頭無く、それを早く受け取るよう催促するので、冬馬はやれやれとでも言いた気に、渋々手を出すのだった。
 それからしばらくみんなで雑談した後、それぞれ講義があると席を立った。
冬馬は準が椅子に掛け忘れていたセーターを取ろうとしたとき、横からいきなり手が伸びて、その機敏さに少し驚いた。
「忘れてたよ、ありがとう」
微笑みながらそう言い、去って行く準の後ろ姿を、何となく見送る冬馬だった。








BACK NEXT TOP





Copyright(c) 2009 朱夏 all rights reserved.




-Powered by HTML DWARF-